インバウンド需要が増えている

和婚

インバウンド需要は、結婚式にも押し寄せてきているようです。近頃、寺社仏閣を訪れると、外国人カップルが神前式をしているところを見かける機会が増えてきました。それだけ、日本式の結婚式のスタイルに注目が集まっている事がわかります。そもそも神前式は明治時代に皇族がこのスタイルで挙式をしたことで、庶民にまで普及することになりました。その後、神前式は市民権を得ていて、現在ではごく一般的な挙式スタイルとして受け入れられています。確かに、昨今ではチャペルなどの洋式の挙式スタイルがメジャーとなりつつありますが、日本人の間でも神前式は高い人気を集めている挙式スタイルです。

高齢の親族からの評価が高い挙式スタイル

新郎新婦

なんと言っても親族からの評価が高いのが、神前式です。伝統を重んじるということから、高齢者はやはり洋式の結婚式よりも神前式を好むという傾向が強いです。格式の高い結婚式を執り行うのであれば、断然神前式のほうが好ましいと言われています。確かに、神前式のほうがチャペルでの挙式に比べて費用は高くなります。しかし、神前式は参列者の評判が良くて、満足度の高い結婚式として知られています。最近では披露宴は行わずに、結婚式だけで済ませるという簡易型の挙式スタイルが増えてきているので、それを踏襲するのであれば、挙式費用を抑えることができるかもしれません。せっかく結婚式に参加してもらえるのであれば、評価の高い挙式をしたいものです。

挙式後、いつでも神社を訪れる事ができる

式場

神社というのは、いつでも足を運ぶことができます。そのため、神前式を行った神社へは、人生の節目節目に訪れて、神様へのお礼と報告を兼ねる事ができるのも魅力です。結婚式場のチャペルは、たしかに華やかではありますが、挙式を終えた後は足を踏み入れることは難しくなります。すでに結婚しているにも関わらず、ブライダルフェアへ足を運ぶのも、なんだか気が引けてしまうでしょう。しかし、神社であれば万人に開かれていることから、いつでも訪れることができます。子供が生まれたり、子供が進学したり、はたまたこれと言って用事がないときにもお参りに訪れることは自由です。そのため、結婚式後も神社とは縁を持つことができるのも魅力です。神社で神前式をしたのも、その神社とは何かしら縁があってのことなので、その円を大切にすることができます。そういった意味でも、神前式で挙式をすることは一生に渡ってその神社と関わっていくということにつながると言えます。