HOME>アーカイブ>夫婦や家族の絆を深めることが出来る伝統的な挙式です
新郎新婦

基本的には神社や神殿で行います

チャペル挙式は定着した人気がありますが、日本の伝統的な神前式は、夫婦や家族の絆を深めたり、厳かな雰囲気の中で永遠の愛を誓うことが出来ます。神前式は基本的には、神殿や神社などで行います。神職や巫女に誘導されて、新郎新婦、家族、親族などが参列をします。男性の場合は紋付羽織袴、女性の場合は白無垢や色打掛などの和装を着用します。現代は着物を着る機会が減っているので、和装の衣裳を着用して挙式を上げたい人が増えています。チャペル挙式に比べると、参列する人が少ないので、費用を抑えることが出来ます。基本的には家族や血縁の濃い人だけで、結婚式を行うことがほとんどです。

三々九度や玉串拝礼の儀式をします

神前式では三々九度の杯をかわすので、夫婦や家族間の絆を深めることが出来ます。チャペル挙式に比べると、アットホームな雰囲気も魅力と言えます。神前式では新郎新婦は玉串拝礼などの儀式を行います。かつての日本では指輪交換はしなかったですが、現代は神殿式でも指輪交換をすることが多いです。挙式の当日は結婚指輪を準備しておきましょう。雅楽の音色や巫女の舞などの、非日常の雰囲気を味わうことが出来ます。大安吉日に挙式をしたい場合は、早めに予約を入れましょう。

披露宴会場の受付でご祝儀を渡します

神前式ではご祝儀はどこで、渡したらよいか悩んでいる人が少なくありません。基本的には挙式の会場では、ご祝儀の受付はしていないことが多いです。神前式が終わると披露宴会場で、親族や家族などが会食をすることが多いです。披露宴会場には受付があるので、袱紗に包んでご祝儀を手渡すようにしましょう。新郎新婦は神前式の作法を知っておきたい人が多いですが、挙式の前に丁寧な指導が受けられるので安心です。全天候型の会場を選んでおくと雨天でも安心です。